FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○ンパンマンは犠牲になったのだ・・・ お持ち帰り作戦の犠牲にな・・・

はいお久しぶりです アイアムオンシツデス。

前々回の記事で題材にしていた美術室のゴミもとい美術室においてある
自分の絵ですが月曜日に友人の助けを借りてお持ち帰り作戦を実行しました。
画用紙の大きさで分類すると 特小2枚 小1枚 中13枚 大1枚で
実に17枚という数の紙屑画用紙が保管されていたようです。
適当に入れてたからゴミと間違えられても仕方ないね。

月曜日は曇りで帰りの途中雨の降りそうな天気だったのですが
大きいものを外側にして重ねて丸めた紙に友人の助けという名の
コンビニ袋を三重にかぶせる事により

1、持ちやすさを向上し
2、丸めた紙が広がらないように固定し
3、雨風の影響をうけなくする

という三重の極みによる一石三鳥のバリアーを形成しました。

ただ家に帰るまでコンビニ袋を手で持つか
自転車の取っ手に引っ掛けて帰らなければならないため
道路の凹凸による振動でコンビニ袋から丸めた紙がはみ出して
曲がったり破れてしまう恐れがありました。
が、その影響は一番外側の大一枚が軽症を負う程度に抑えられると予想したため
大した対策をせずにお持ち帰り作戦を実行してしまいました・・・そして

そして作戦はタイトルのような結果に終わりました。
大きな紙にかかれた大きなアンパン○ンは内側の一回り小さな紙達を守って
ぐちゃぐちゃに折れ曲がり、緑色の妖精となって
二度と帰ることはありませんでした・・・。

コンビニ袋の力を過信しすぎていたのでしょうか?
風雨を過小評価しすぎていたのでしょうか?
道路の凸凹を甘く見ていたのでしょうか?
大して考えもせずに作戦を実行した私のせいでしょうか?

今となっては考えることすら無意味です。
つぶれたアンパンはもう二度と元の形には戻らないのだから。
このような悲劇を繰り返してはなりません。
残されたもの達の悲しみは新たな憎しみを生みます。
そして悲しみは何処にぶつけても癒える事はないのだから・・・

~温室書房 -沈黙の美術室 第三章:みんなのヒーロー アン○ンマンの最期- より抜粋~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

おんしつ

Author:おんしつ
・性別:♂
・職業:建物
・趣味:昼寝
・好きな食べ物;胡瓜、芋

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。